ミサワ総研、熊谷市でスマートタウン開発=パッシブデザインで「涼」提案も

ミサワホームグループのシンクタンクのミサワホーム総合研究所(東京都杉並区、千原勝幸社長)は6月28日、埼玉県熊谷市とスマートタウンの実現に向けた業務委託契約を締結したと発表した。

同研究所は、国内観測史上、最高の41・1℃を記録した熊谷市の特徴を踏まえた熊谷型スマートハウスの概念・仕様、普及方策の検討、スマートタウン適地の選定、事業化検討調査業務などに取り組む。

パッシブデザインに基づく建築・街区設計を取り入れ、暑さ対策を施したポストコロナ時代にも対応し得る、郊外型のスマートタウンのモデルとなるまちづくりを目指す。

2021年07月08日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)