◎スウェーデンハウスがモデルハウスバーチャル内覧サービスの提供開始、オリジナル3Dキャラが接客・説明は世界初=野原ホールディングスと共同開発◎ | 住宅産業新聞

◎スウェーデンハウスがモデルハウスバーチャル内覧サービスの提供開始、オリジナル3Dキャラが接客・説明は世界初=野原ホールディングスと共同開発◎

スウェーデンハウス(東京都世田谷区、村井秀壽社長)は20日、野原ホールディングス(東京都新宿区、野原弘輔社長)と共同開発した世界初の3Dキャラクターによる接客機能を搭載した室内360度バーチャル内覧サービス「VRモデルハウスウォークスルー」を同社公式サイトにおいて提供を開始した。

利用者は実際のモデルハウスをWEB上で内覧できるだけではなく、オリジナルの3Dキャラクターが内覧をサポート。営業スタッフから現地で説明を受けているような感覚で会話(ボット機能)をしながら、モデルハウスを見学することができる。

同社が運営する全国95棟を自宅にいながら見学して住宅検討ができることから、今後は新しい家選びの方法の1つとして定着させ、機能面でもブラッシュアップを図っていく考えだ。

2021年04月29日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)