◎戸建住宅大手、躯体の性能向上やBCP構築=東日本大震災10年経過で◎ | 住宅産業新聞

◎戸建住宅大手、躯体の性能向上やBCP構築=東日本大震災10年経過で◎

2011年3月11日の東日本大震災から10年が経過した。この間に地震だけでなく台風被害や豪雨など、激甚化・大型化とともに、頻繁化する自然災害によって、生活者の防災への意識は高まっている。同様に、戸建住宅大手各社の住宅商品も、高い躯体強度に加えZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化など性能向上とともに、街全体を視野にBCP(事業継続計画)の体制も強化まる。折しも、2月13日に宮城・福島両県で震度6強を記録した地震の発生に際しても、幸い大きな被害は発生しなかったものの、OB客や現地社員への迅速な安全確認につながった。

2021年03月11日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)