◎リノべる、10月のリノベ件数が倍増=遮音や照明計画、空気換気に対する関心高まる◎ | 住宅産業新聞

◎リノべる、10月のリノベ件数が倍増=遮音や照明計画、空気換気に対する関心高まる◎

マンションおよび戸建住宅のリノベーションサービスを手掛けているリノべる(東京都港区、山下智弘社長)では新型コロナウイルスに伴う暮らし方の変化によって在宅時間が増えた影響により10月のリノベーション件数が前年同月比で2倍に達するなど、需要が増加傾向にある。主にワークスペース設置のニーズが高いが、さらに〝家時間〟が増えたことから遮音や照明計画にもこだわる人や空気換気に対する関心も高まっているという。同社では14日、本社にショールームを開設したが、ウイズコロナやアフターコロナを見据えた取り組みとなっており、スマートホーム技術を利用するなど生活の多様化に対応した提案を行っていく考えだ。

2020年11月26日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)