◎求められる賃貸住宅の性能充実、持ち家の質向上が影響=既存改築ではコスト増に◎ | 住宅産業新聞

◎求められる賃貸住宅の性能充実、持ち家の質向上が影響=既存改築ではコスト増に◎

これからの良質な住宅ストックの形成を考えた時、持ち家だけではなく賃貸住宅も性能の充実が求められている。リクルート住まいカンパニー(東京都港区、淺野健社長)のSUUMO・池本洋一編集長は、「賃貸住宅を初めて借りる世代に相当する20歳前後が子どもの頃どのような住宅で過ごしたか考える必要がある」と指摘する。同社が毎年実施している「賃貸契約者動向調査」によると、「遮音性、断熱性、耐震性など、40代以上は新居(賃貸)の満足度が高いが10代、20代は実家への満足度が高く、年代によって大きな差がみられる」という傾向にあることが分析されている。

2020年10月08日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)