三井ホーム、木造賃貸高遮音床を標準化 | 住宅産業新聞

三井ホーム、木造賃貸高遮音床を標準化

三井ホームは19日、木造住宅高遮音床仕様「Mute50(ミュート50)」を開発し、全賃貸住宅の標準仕様として採用すると発表した。ミュート50の特徴は、ALC厚100ミリの一般的な鉄骨住宅と比べて床衝撃音を約3分の1に軽減し、木造ながら床スラブ厚270ミリの鉄筋コンクリート(RC)造に匹敵する上下遮音性能を実現している。木造賃貸住宅で課題とされた音環境を改善し、高い居住性能を実現する。リクルート住まいカンパニーの調査によると、賃貸の入居者にとって上下階、隣接住戸からの音が気になる割合が4割と高く、遮音性能を高めることで「入居者の方への安心を高める」(三井ホーム)とともに土地オーナーの空室リスク低減につなげる。

2017年01月26日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)