ミサワホームの2020年度第1四半期賃貸住宅累計受注、新型コロナ禍でも4割増=ベルリードスキップハイ〝蔵付き〟提案が好評 | 住宅産業新聞

ミサワホームの2020年度第1四半期賃貸住宅累計受注、新型コロナ禍でも4割増=ベルリードスキップハイ〝蔵付き〟提案が好評

ベルリードスキップハイベルリードスキップハイ

ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)の賃貸住宅の受注が好調だ。

2020年度第1四半期(4~6月)の累計受注状況は、対前年同期比でプラス46%。新型コロナウイルスの感染拡大という強烈な逆風下で、受注を伸ばしている。

好調の要因のひとつが、18年9月に発売した「蔵のある賃貸住宅」だ。大容量の収納空間が差別化ポイントで、今年1月に追加したテレワーク対応プランも今後の受注をけん引しそうだ。

2020年07月30日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)