住宅版エコポイント制度、横並びから「差別化」で工夫 | 住宅産業新聞

住宅版エコポイント制度、横並びから「差別化」で工夫

住宅エコポイント制度を商機に結びつける動きが具体化し始めた。東栄住宅(本社=東京都西東京市、西野弘社長)は供給全戸で省エネ性能を住宅性能表示の等級4とし、高い省エネ性能と品質重視の供給姿勢を訴求。アキュラホーム(本社=東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は「住宅版エコポイント3倍キャンペーン」で最大約90万円相当の住設オプションと交換する。制度の対象住宅とした後は、横並びの状態から他社より一歩抜きんでるための競争が待っている。(2月10日付け本紙より抜粋)

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)