大東建託が共働きカップル向け賃貸住宅に注力=専有面積を広めにする工夫も | 住宅産業新聞

大東建託が共働きカップル向け賃貸住宅に注力=専有面積を広めにする工夫も

大東建託(東京都港区、小林克満社長)は、賃貸住宅に住む20歳代後半から30歳代後半について共働き世帯が多いという調査に基づき、共働きカップル向けの賃貸住宅に注力している。

2016年に「DIYELLA(ディエラ)」を開発したのを皮切りとし、今年2月には2×4工法による「KLEUR(クルール)」と戸建賃貸住宅「LIBERTE DUPLE(リベルテ・デュプレ)」を相次いでリリースした。

ファミリー向けの商品とは異なり、共働き夫婦が時間を共有できるようなキッチンや洗面所としたほか、ロフトやワークスペースを備えたものとなっている。またバルコニーを狭くして室内の専有面積を広めにするなどの工夫や、洗濯物を室内干しするニーズが高いことから、居室スペースとしても応用可能なサンルームを設けるなどしている。

同社では「都市部では1LDKの需要があるのではないか」(商品開発部・峠坂滋彦次長)と考えており、今後はパワーカップル向けの商品展開も含めた「企画商品」の開発も考えていく。

2020年03月05日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)