YKKAP、開口部の省施工技術開発で米カーネギーメロン大と共同研究 | 住宅産業新聞

YKKAP、開口部の省施工技術開発で米カーネギーメロン大と共同研究

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は12月、米国のカーネギーメロン大学(以下、CMU)と窓・カーテンウォール・ドアなどの開口部材を建築物へ施工する技術に関する共同研究の契約を2019年5月に締結し、12月から本格的に共同研究を始めたと発表した。日本国内の市場対応として、最先端のロボットおよびITを使用した建築現場における開口部の新たな施工技術の開発と、当該技術の導入による施工の生産性および品質の向上を図ることが目的。VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)に関する技術活用の可能性調査や躯体への新たな固定方法の研究なども進め、「開口部の施工技術にイノベーションをもたらす」(YAKKAP)と説明している。

2020年01月16日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)