積水ハウス=「男性の育休」当たり前に、イクメンフォーラム開催

9月19日を「育休を考える日」に制定9月19日を「育休を考える日」に制定

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は19日、男性の育児休業取得の現状について考える「イクメンフォーラム2019」を開催し、同社が18年9月に運用を開始した、3歳未満の子どもを持つ男性社員の育児休業1ヵ月以上の完全取得の成果をまとめ、公表した。

結果は、19年8月末までに取得期限を迎えた253人の全男性社員が1ヵ月以上の育休を取得した。さらに、男性社員育児休業制度は今年8月からグループ会社にも広がったという。

仲井社長はイクメン休業について「取得期間や家族の満足度などの中身を調査して、さらに発展させたい」と、制度の質の向上にも意欲をみせた。

2019年09月26日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)