住まい手参加研究会が「つながり志向の住まいづくり」でシンポジウム開催 | 住宅産業新聞

住まい手参加研究会が「つながり志向の住まいづくり」でシンポジウム開催

アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)の住生活研究所が事務局を務める「住まい手が参加する住まいと住環境づくりの意味と実践」研究会は18日、東京都文京区の住宅金融支援機構1階の「すまい・るホール」において「つながり志向時代の住まいづくり」と題するシンポジウムを開催した。

同研究会では2018年5月に設立しており、3年をメドに指針となる成果を発表する予定。

住まい手がリノベーションやDIYなどで住まいづくりや住環境づくりを楽しむ動きがあるとみており、そういった住まい手の多様化する価値観やニーズを調査することにより、入居後の満足感向上や住宅地管理とコミュニティ醸成にまで応用ができると考えている。

2019年03月28日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)