住友林業の「W350計画」が世界の不動産開発アワード最終候補に選出、結果は3月14日に発表予定 | 住宅産業新聞 | Page 2

住友林業の「W350計画」が世界の不動産開発アワード最終候補に選出、結果は3月14日に発表予定

W350計画のイメージW350計画のイメージ

MIPIM(不動産プロフェッショナル国際マーケット会議)は、世界の不動産・建築関係者が一堂に会する世界最大の不動産見本市だ。その中で開かれるMIPIMアワードは、来場者の投票を含めた最終審査により、部門ごとの最優秀賞を決め、革新性や偉業を成し遂げた優れた不動産開発として表彰する。

応募総数200件以上のなかから最終候補に残った作品は、全11部門で45件。W350計画は、「BEST FUTURA PROJECT」部門で最終候補の5件のうちの1つに選出された。

住友林業の応募ビデオ

住友林業の応募ビデオ

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)