アルティザン建築工房、〝リノベ一本〟で事業経営=設立「新築より安く豊かな暮らしを」と

リノベ後の内観リノベ後の内観

メディアが喧(けん)伝するフレーズに「新築住宅市場の規模縮小が今後本格化する」がある。

だが、いずれ顕在化するその縮小の度合いは、全国一律ではないだろう。

人口動態の成熟化などを背景として、既に本格的な減少が過去に起きて久しい地域は、直近まで若年人口の継続的な流入に支えられ需要が高止まりしてきた地域と比べ、その度合いは小さいと思われる。

また、前者の地域で持続的経営を今現在行っている住宅会社の事業モデルは、後者の地域で新築中心に展開している住宅会社が目指すべき事業モデルのあり方を、〝今〟という同じ時間軸にいながら一足先に実現しているともいえるのではないか。

北海道で8年間、既存住宅のリノベーション事業1本で経営を続けている、アルティザン建築工房(北海道札幌市、新谷孝秀社長)を取材した。

2019年01月31日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)