積水ハウス、GPIFの4つのESG指数すべてに選定 | 住宅産業新聞

積水ハウス、GPIFの4つのESG指数すべてに選定

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は5日、世界最大の年金資産規模を持つ年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が新たに採用した環境株式指数「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」に選定されたと発表した。これにより同社は、GPIFが採用する4つのESG指数すべてに選定された。

GPIFが選定した4つのESG指数は、(1)FTSE Blossom Japan Index(2)MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数(3)MSCI日本株女性活躍指数「WIN」(4)S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数――。

同社は、ESG経営のリーディングカンパニーを目指し、今後も、持続可能社会の構築に向けて貢献できるよう、事業活動を通じた環境問題、社会課題解決への取り組みや、企業統治強化への一層の取り組みを推進するとしている。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)