理想の住まい、採光や省エネなどに関心高く 国交省がネットアンケート

理想の住まいで重要視する性能は、「採光・通気性」、「省エネ性」、「耐震性」で、建設費などより光熱費などの維持管理費用の安さを重視する傾向が国土交通省の調査でわかった。同省は6月30日、インターネットを利用して行った「住生活に関する国民アンケート」の調査結果を公表した。理想の住まいを実現するために重要視するものとして、「採光・通気性」が39・8%と最も多く、次いで「地震に強い」の38・8%、「維持費が安い」の31・9%、「省エネ性が優れている」の26・7%と続く。

今後の住まい方では、「エコ住宅での暮らし」に8割以上が関心を寄せており、省エネやエコな暮らしに対する意識の高さが浮き彫りとなった。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)