経産省、断熱改修で補助17日から説明会

経済産業省は、住宅の省エネ化に向けたリノベーションの促進を目的として、既存住宅の所有者などによる高性能な断熱材や窓を用いた断熱改修費用などの一部を補助する。これは1月に成立した2015年度補正予算で100億円を計上した住宅省エネリノベーション促進事業によるもの。執行団体に選定されている一般社団法人環境共創イニシアチブは4日、同事業の補助金の公募に関し、17日の東京を皮切りに29日まで全国12都市で公募の内容や提出書類などに関する公募説明会を実施すると発表した。対象は既存住宅の所有者や管理組合など申請予定者と、施工業者などの手続き代行者としている。説明会は約2時間30分の予定で、参加費は無料となっている。

2016年03月10日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)