創る現場=ケイミュー伊賀事業所、独自の押出・塗装技術で外壁材を生産 | 住宅産業新聞

創る現場=ケイミュー伊賀事業所、独自の押出・塗装技術で外壁材を生産

外回り専門メーカー・ケイミューが製造する外壁材は、さまざまな機能を付加する基盤となる無機塗装や、セルフクリーニング機能を発揮する光触媒塗装などの塗装技術、製品の軽量化を図る中空構造設計が特徴だ。

パナソニック(旧松下電工外装)とクボタの住宅外装建材部門が培ってきた高い専門性と技術力を製品開発に反映し、外壁材市場で独自性を発揮する。外壁材は、住まいの外観デザインを決定づけるとともに、寒暖の差が激しい日本の過酷な自然環境から住まいを守る役割を担う。

同社は『暮らしを守る、住まいを魅せる』をスローガンに、外壁材で安全で快適な住宅の実現をサポートする。

2013年4月11日付け4面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)