ノーリツの12年度方針、品質向上を最重要課題に位置付け | 住宅産業新聞

ノーリツの12年度方針、品質向上を最重要課題に位置付け

ノーリツは2012年度(12年1~12月)方針発表会を開催し、(1)品質のレベルアップ(2)成長事業の育成(3)強いブランドの実現――を柱に、業績拡大を目指すとした。

12年度の経営環境は、東日本大震災による復旧・復興需要などで若干の回復と予想。さらに、原子力発電所の事故による節電意識向上に伴い、ガス機器のシェアが急伸しており、「引き続き、主力のガスコンロ・給湯機関連は良い事業環境で推移するだろう」(國井総一郎社長)と、同社にとって追い風が続くと予想した。

方針発表会で國井社長は、昨年度からスタートした16年までの中期経営計画の進ちょくについて「(増収増益達成見込みの)業績面だけでなく、部門間の連携強化やES(従業員満足度)、ブランド認知度の向上など、(総合的にみて)着実な一歩が踏み出せた」と評価。

一方、東日本大震災の影響でスタートが遅れた太陽光発電(PV)関連事業や、円高や景気低迷で苦戦した海外事業、細かな品質問題などを課題としてあげ、12年度はこれらの課題解決を重点施策とする方針を示した。

2012年2月2日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)