ノーリツ、4月に営業アシスタント制導入

ノーリツは7日、大阪で取引先を対象とした方針発表会を行い、昨年12月に発表した今期スタートの中期経営計画「Vプラン20」(2017年度~20年度)の骨子を説明した。説明の中で國井総一郎社長は、「経営資源を温水事業に集中させる。基本的に、国内は売上も伸ばすが収益力の強化に邁進し、海外は売上の増加によって利益を拡大させる」と述べた。国内の具体策としては、中計期間を通じ、3月発売で入浴者の見まもり機能を付けた高付加価値ガスふろ給湯器エコジョーズ『GT―C62シリーズ』の拡販に全力を注ぐ。また、拡販を実現させるための社内体制の整備として4月に「営業アシスタント制」を全国的に導入し営業効率の強化を目指すほか、取引販売店の業務効率化としてエンドユーザー向けに活用できる提案・概算見積りシステムを新たに付加し、販売店の商機キャッチアップに役立ててもらう考えだ。

2017年02月23日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)