大光電機、高級価格帯の外構照明の新ブランド『ZERO-zero-』4月に発売

大光電機(大阪市中央区、前芝辰二社長)は4月、新規事業として高級帯LED屋外照明ブランド『ZERO―ゼロ―』と欧州製ハイグレード輸入照明の販売を始める。同社の主力分野である商業店舗・住宅向け普及帯LED照明市場の今後の伸び悩みが予想されるため、そうした環境下でも売上げを持続的に拡大できる基盤を構築することが目的。『ZERO―ゼロ―』は「とりあえず一通り対応できる」(前芝社長)194点のラインアップでスタートし、その後ニーズを反映させ品揃えを充実させる。ハイグレード輸入照明はイタリアの『FLOS』など3ブランドを扱い、年末までにプラス・アルファとして欧州で発掘した商材を独自の輸入ブランドとして販売したい考えだ。

2017年02月23日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)