日本ユニシス、クラウド型住宅CADの提供開始 | 住宅産業新聞

日本ユニシス、クラウド型住宅CADの提供開始

日本ユニシス・エクセリューションズは8月1日から、クラウド(SaaS)型の住宅設計3次元CADシステム『Net―DigiD(ネット―デジド)』を、日本ユニシスが保有するICTサービス基盤上で提供する。

これまで、住宅設計3次元CADシステムのインターネットによる配信は、データ量などの関係から難しいとされてた。しかし、今回、ハードウェアリソースを簡単に増減できる日本ユニシスのICTホスティングサービスや、セキュアなインターネット接続を可能とするSaaSプラットフォーム・サービスを活用することにより、「DigiD」のSaaS化を実現した。

SaaS型のサービスは、ダウンロードやバージョンアップなどのシステム導入・運用作業から開放され、常に最新の機能をすぐに利用できるなどの特徴がある。また、従来のパッケージ購入型とは異なり、1棟ごとの料金体系(従量制課金)での提供となっており、最小限のコストで、全体業務の効率アップが図れるという。

Net―DigiDの利用料金は1棟あたり8千円(税別)から。今後は、性能表示や住環境シミュレーション、積算など、ユーザーニーズにマッチするサービスの提供を推進し、3年間で5千ユーザーへのサービス提供を目指す。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)