クリナップ「キッチン白書2024」、「キッチンの変化」浮き彫りに=過去の類似調査と比較、「料理へのこだわり」低下

クリナップ(東京都荒川区、竹内宏社長)は9日、同社おいしい暮らし研究所がまとめた「キッチン白書2024」を公表した。白書は2017年から発行されているもので、キッチンに関する生活者の実態をシステムキッチン専業メーカーならではの視点で調べたもの。最新の2024年版は、変化が浮き彫りになった過去の類似調査との結果比較や、料理の作業効率化・自動化のために設置・使用している具体的な調理家電の割合といった情報が掲載されており、今後のキッチン空間とシステムキッチンに求められる要素を浮き彫りにした内容となっている。

2024年05月21日付4面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)