三協立山がアルミ製「常設足場」を共同開発

三協立山(富山県高岡市、平能正三社長)は19日、川田建設(東京都北区、川田琢哉社長)と共同で橋梁や高架橋の点検・補修時に足場として使用するアルミ製「常設足場」を共同開発したと発表した。

三協立山によると、橋梁や高速道路・鉄道などにかかる高架橋の点検・補修は都度、仮設足場を設置して行われる傾向にあるが高架下の交通規制や景観の悪化などの課題があり、こうした中で2014年の道路法改正により橋梁や高架橋に対する5年に1度の点検が義務化されたことで、常設足場へのニーズが高まっているという。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年07月26日付4面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)