ENボード、11月から商用生産開始=静岡で構造用パーティクルボードなど

永大産業(大阪市住之江区、枝園統博社長)と日本ノボパン工業(大阪府堺市、山本拓社長)が2019年5月に設立した合弁会社「EN(エン)ボード」(静岡県駿東郡、高橋真社長。資本金1億円、出資比率=永大産業65%、日本ノボパン工業35%)は年内11月をメドに本社に付随する静岡の工場で構造用パーティクルボードなどの商用生産を始める。

商用生産開始後は2024年4月を目標にフル生産となるパーティクルボード月産1万5千トンの生産実績を目指す。合板より市場価格の安定性が高いパーティクルボード製品を戸建住宅事業者などに向けて供給する。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年06月21日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)