アイホン、遠隔地の来訪者対応が可能なテレビドアホン | 住宅産業新聞

アイホン、遠隔地の来訪者対応が可能なテレビドアホン

アイホン(本社=名古屋市熱田区、市川周作社長)は6月、パソコンで遠隔地の来訪者の確認、対応ができるIPテレビドアホン「ネットワーク対応テレビドアホンシステム」を発売する。

同システムは、テレビドアホンシステムに専用のIPアダプターを取り付けることで、ネットワーク内のパソコンにインストールした専用アプリケーションでカメラ付き子機の映像確認、通話、録音再生を可能にする。

LAN、WAN(専用線およびVPN接続)内での使用のほか、固定IPを設定すれば、インターネット経由での接続も可能だ。システムは最大20セット、対応用パソコンは10台まで接続できる。同システムを利用すれば、不在にしている別荘などへの来訪者の対応を、都市部にある自宅で対応することができる。

同社は国内に加えて、北米や欧州、豪州をメーンターゲットに全世界に向けて販売する。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)