YKKAP、電気・電池錠に顔認証機能=8月、第1弾は「ヴェナートD30」 | 住宅産業新聞

YKKAP、電気・電池錠に顔認証機能=8月、第1弾は「ヴェナートD30」

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)が住宅用玄関ドアの電気・電池錠の仕様として、新たに顔認証機能の扱いを始める。3日にオンライン形式で行われたYKKグループ第6次中期および2021年度経営方針説明会の中で堀社長が説明した。顔認証機能は登録した人の顔を認識し施錠・解錠を行う機能。現在、大手の住宅向け設備・建材メーカーが市場に供給する玄関ドアの電気・電池錠の仕様として顔認証機能をラインアップしている企業は無く、また、自社が取り扱う住宅用玄関ドア製品の電気・電池錠の仕様として今後、新たに顔認証機能を追加することを表明したメーカーは、3日の時点ではYKKAPが初めてとなる。

2021年03月11日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)