ノダの今期事業、価格改定やシェア確保に注力=物流費高騰の対策も | 住宅産業新聞

ノダの今期事業、価格改定やシェア確保に注力=物流費高騰の対策も

ノダ(東京都台東区、野田励社長)は2019年12月スタートの今期事業として収益性の改善を目的に、(1)価格改定(2)市場シェア確保(3)非住宅分野などの市場開拓――に力を入れる。10日に行った19年11月期決算説明会で野田社長が明らかにした。

注力分野のほかに「18年から年率で15~20%上昇」(ノダ)している物流費高騰の対策として、同業他社との共同配送の強化と、現在は無償で対応している個別サービスの有償化など見直しを検討する。

また、調達先を複数に広げリスク管理を強化する日本国内メーカーの流れを受け前期にMDFの販売が伸びたインドネシア・ファイバーボード・インダストリー(IFI)社との関係を1月に行った出資でさらに強め、輸入MDFのさらなる拡販を図りたい考えだ。

2020年02月20日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)