BXカネシン、ベースセッターが枠組壁工法にも対応 | 住宅産業新聞

BXカネシン、ベースセッターが枠組壁工法にも対応

BXカネシン(東京都葛飾区、二村一久社長)は1日、450ミリ幅の狭小耐力壁の設置を可能にする柱脚金物「ベースセッター」のラインアップとして、従来の木造軸組住宅用以外に、新たに枠組壁工法用を品揃えした。同日付でハウスプラス確認検査の評価を取得したことで、運用を始めた。

ベースセッターを用いた耐力壁柱は独立配置できるため、戸建住宅に使用すると、狭小地における建築であっても1階に玄関までの通路を確保しつつ、ビルトインガレージなどを作ることができる。

同社では「枠組壁工法は在来軸組工法に比べ、対応できる門型フレーム製品が少ない。今回のラインアップ化により、丸太工法を除くほぼすべての木造住宅にベースセッターが使用できるようになった」と訴求している。

2019年10月10日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)