YKKAP、エクステリア事業強化へ本腰=〝外構も一体設計〟提唱、エクステリアフォーラム初開催 | 住宅産業新聞

YKKAP、エクステリア事業強化へ本腰=〝外構も一体設計〟提唱、エクステリアフォーラム初開催

フォーラムの会場風景フォーラムの会場風景

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)がエクステリア事業の本格的な強化に乗り出す。

戸建住宅事業者がエクステリアのグランドデザインも住宅と合わせて一体設計し、詳細デザインの実現はエクステリア専門事業者に外注することで、自社にエクステリア部門を持たない戸建住宅事業者でも高い意匠性のエクステリアを実現する〝分業体制〟のビジネスモデルを地域ビルダーに提唱。当該ビジネスモデルの実施で同社商材の拡販と、地域ビルダーの差別化および受注単価アップを支援する。

提唱するビジネスモデルの普及を目的にエクステリアフォーラムを主要都市で初めて開催した。樹脂サッシに続きエクステリアでも市場シェアを高め、経営構造に厚みを持たせたい考えだ。

2019年09月11日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)