YKKAP、眺望と断熱両立の大開口・ハイサイズ複合窓「APW511 大開口スライディング」=内外観カラーに木目仕様も

APW511 大開口スライディングAPW511 大開口スライディング

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は17日、眺望性と断熱性の両立を図った木造用アルミ樹脂複合窓(以下、複合窓)「APW511 大開口スライディング」を6月25日に発売すると発表した。

ラインアップする樹脂窓商品と組み合わせると、室内と室外を視覚的に連続させたリビングを持つ木造戸建住宅を、仙台エリア以南においてHEAT20G2の高い断熱性で実現できる。

カラーバリエーションはアースカラーのデッキと合わせられる木目仕様を、同社の高断熱窓商品としては初めて内外観ともに用意。また、重量のある障子を閉める際の安全性にも配慮した。

耐震性を確保した上で大開口を実現できる耐震商材「フレームⅡ」と合わせて提案していく考えだ。

2019年05月23日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)