大建工業、〝収納〟のソフト提案を強化=悩み解決で商品拡販へ | 住宅産業新聞

大建工業、〝収納〟のソフト提案を強化=悩み解決で商品拡販へ

大建工業(大阪市北区、億田正則社長)が収納に関する新たな取り組みを本格化させる。

片付け作業を学びにつなげる『収育』を提唱する〝収納王子コジマジック〟こと小島弘章氏と連携し『収育スタイリング』をテーマにセミナーを開催するほか、今後、全国のショールームで順次、効率的な収納のあり方を実現させる間取りや動線の作り方などに関する事業者向けのセミナーを行う。

暮らしの困りごとの常に上位に来る収納の悩みを解決するソフト面の提案を行うことで、同社が販売するボックス型収納『MiSEL(ミセル)』や棚型収納『Fitshelf(フィットシェルフ)』などの収納商品の効果的な使用と、その拡販に寄与させたい考えだ。

2018年07月19日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)