中古住宅・リフォームに新潮流=住宅部品ショールームアドバイザー、最後は〝人〟がカギ

住宅設備・建材など住宅部品企業にとって、新築需要の先細りが見込まれる中で、リフォーム需要への対応が生命線の一つとなりつつある。顧客接点の最前線であるショールームも、リフォームの前後が理解できるような、わかりやすい空間展示に取り組む。さらに、スタッフであるアドバイザーがカギとの認識から、各社ともに商品知識とコンサルティング能力のほか、接客態度を含めた資質向上に磨きをかける。商品力や機能・性能面では、それぞれ遜色のないところまできており、「結局、最後にモノをいうのは〝人〟」という。

2015年07月16日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)