住宅履歴情報活用で部品業界や仲介業界との協定も、協議会が検討結果を公表 | 住宅産業新聞

住宅履歴情報活用で部品業界や仲介業界との協定も、協議会が検討結果を公表

一般社団法人住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会は、住宅履歴情報の活用メリットを高めるためには情報サービス機関の協議会的組織が住宅部品関連業界や不動産仲介業界などと連携・協定関係を構築することが効果的だとする検討結果を公表した。

協定を結ぶことで、リコール回収率や既存住宅売買時の透明性の向上に利用・活用できるとした。同検討結果を受け、村上純一同協議会理事は「協議会に参加する企業や団体が利用可能な共通の基盤作りを今年度からの事業計画に盛り込みたい」と意欲を示した。住宅履歴情報の枠組みが部品・仲介業界にも広がり始めた。

2011年4月7日付け6面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)