LIXIL『LW』に高い関心、グッドリビングフォーラムで空間展示=〝フレームインデザイン〟特徴

18062836

 LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は8月1日、〝TOSTEM〟ブランド第1弾のアルミ樹脂複合窓『LW』を発売する。

 そのラインアップは「フルオープンタイプ」と「ハーフオープンタイプ」があり、特に「フルオープンタイプ」は可動部の障子(しょうじ)を全開・全閉にした際に上下左右のフレームが室内から見えない〝フレームインデザイン〟が特徴だ。同社が6月28日に行った取引事業者向けのイベント「Good Livingフォーラム2018 in 東京」の会場に空間展示されたLWには、イベントの参加者に加え、自社の扱い商品であるにもかかわらずLIXILの営業社員までも殺到。室内からの優れた眺望性と内外の空間に連続性を演出するLWへの関心の高さが示された。

2018年07月05日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

 関連するキーワードはありません。

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)