2020年9月17日(第2011号)/ヤマダ電気、ヒノキヤグループを連結子会社へ=資本提携打診はヒノキヤグループ側から、M&Aによる強化で思惑一致 | 住宅産業新聞

2020年9月17日(第2011号)/ヤマダ電気、ヒノキヤグループを連結子会社へ=資本提携打診はヒノキヤグループ側から、M&Aによる強化で思惑一致

主なトピックス
積水ハウス20年度第2四半期決算、コロナ禍響き減収減益、通期はマイナス幅縮小/分譲住宅事業が好調に推移、コロナ禍で在宅時間が増え5月以降の数字に伸びをみせる/一般社団法人HEAT20研究会が活動スタート=住宅事業者の参加が可能に、YouTubeでセミナーや講演会/目安光熱費を住宅サイトで表示=国交省が方針示す、省エネ住宅へ誘導、22年から/ポラス、「第7回ポラス学生・建築コンペ」開催=最優秀賞は信州大学大学院の『鶏舎とスキマの境界群』

連載
コラム「ひと」=一般財団法人住宅金融普及協会審査本部確認検査部建築物調査室長の梶谷哲彦さん/これからの木造建築のつくり方=34(株式会社MAKE HOUSE・今吉義隆)/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫=285/注目の助成金=65(ナビット社長 福井泰代)/ネット追客の成功法=77(㈱追客力代表 曽根田太郎)

掲載記事一覧
積水ハウス、2020年度通期受注計画を下方修正=コロナ禍で、第3四半期以降は回復も/主要住宅企業11社の2020年8月受注速報、プラス7社で2社増/三協立山、課題は国際事業の収益改善=「満足をお届けする新しいスタートに」と/ノーリツ、国内事業構造改革で子会社間吸収合併/プレ協、リフォーム人材育成、講習会で技術底上げ/2020年8月の受注詳報=5社が戸建て2ケタ増/ヤマダホームズ、水害対策仕様を全商品に展開/積水ハウス、木造新商品「コカゲラウンジ」、勾配屋根の大空間で富裕層の欲求満たす/エヌ・シー・エヌが耐震・地震に関する意識調査の結果を発表=「耐震県」の1位は愛知/タカカツグループが木と暮らす展示場を開設、ニューノーマルな住まいを展示/ナイス、新たな住まい方を提案=在宅勤務やステイホームに対応/ポラスグループのポラスシェアードが職場改善好事例で2度目の「奨励賞」に/LIXIL、タッチレス水栓の売上高が大幅増=生産能力80%強化し対応へ/パナソニック、システムキッチン「Lクラス」の新プラン「Idobata Style」=中央シンクで作業性向上/タカショーが「第17回 タカショー ガーデン&エクステリアフェア」、〝リアル〟と〝Web〟で開催/永大産業、第2四半期の売上高予想は約5%減/YKKAP、性能向上リノベ「静岡 富士の家」=断熱と耐震を新築以上に/CCUS=料金値上げで事業者登録料は2倍に、コストかさみ赤字57億円/国交省幹部新任会見=野村正史新国土交通審議官「高品質既存に効果的税制を」空き家流通よりも重視/住生活月間、フォーラムのテーマは「コロナ禍の住まい方」/住環境計画研究所・インテージが共同調査「在宅勤務とエネルギー消費の関係および在宅勤務実態世帯の特徴」の結果公表、昼食調理数や光熱費など増加 他

人事・機構改革
大和ハウス工業/積水化学工業

 関連(広告)

関連するキーワード

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)