2018年11月29日(第1925号)/岡山県倉敷市真備町の豪雨災害からまもなく5ヵ月、未曾有の災害にビルダーはどう取り組むか

主なトピックス
旭化成ホームズ・共働き研、30歳前後世帯向け可変性高い「余白空間」/近隣に開かれた展示場=高砂建設が埼玉県川口市内に宿泊体験可能なモデルハウスをオープン/日本の窓、木製窓の防火窓種拡大へ=年明け「引違い」で実施/住宅金融支援機構、マンション組合向金融支援を具体化、手続き簡素化など検討、融資しやすい仕組み整備へ/長谷工、多摩に技術拠点集約=マンションミュージアムも

連載
コラム「ひと」=野村不動産ホールディングス経営企画部副部長兼R&D推進課長の泉山秀明さん/注目の助成金=7(ナビット社長 福井泰代)/受注につながるWEB戦略=153(住宅産業研究所・高田宏幸)/住宅トラブル対応作戦=208(弁護士・石川利夫)/これからの住宅ライティング=29(ライツワークス代表・JLCA副会長 山中敏裕)/ネット追客の成功法=46㈱追客力代表 曽根田太郎)/夢創造 住の新世紀=110(住宅・不動産ジャーナリスト 伊能肇)/マンションが被災した時 復興の手続きと課題=6(旭化成不動産レジデンスマンション建替え研究所主任研究員 大木祐悟)/不動産市場の常識を疑う=2(大東建託(株)賃貸未来研究所長 宗 健)

住改善キャンペーン
戸建住宅大手2社が補修部品情報共有化/政界インタビュー=後藤茂之衆議院議員/住団連第2四半期景況感=受注回復基調に/プレハブ建築協会「エコアクション2020」=ZEH率37%台に上昇

掲載記事一覧
2018年度第3四半期地価LOOK、過去最高の上昇割合=住宅地、人気地点は再上昇へ/積水ハウスリフォーム、生活空間だけ断熱=部分改修でZEH並みに/三井ホーム、木造耐火の協会竣工=木質トラスで7メートルの大空間/ジャパン建材、プライベートブランド『ブルズ』のエクステリアや屋根材の扱いを強化/ZEH賃貸続々、創エネ分を入居者還元や災害対応に/住友林業ら4社、明石市JT跡地で大規模再開発/旭化成ホームズ、新外壁色「ブリックバーミリオン」追加/ミサワホーム、豪州の戸建住宅会社を子会社化/広島建設が注文住宅で新ブランド『東京ノイエ』の販売開始、東京・城東エリアで注力/LIXIL住研が『高耐力コア』で特許取得/ナスタが宅配ボックスを利用した荷物受け取りで運用実験を開始/【連載】LIXILグループトップ交代② 国内は事業基盤盤石に、海外は成長市場のM&A積極化/パナソニック・エコソリューションズ社、消費者への普及で『宅配ボックス コンボ ミドルタイプ』に取り付け金具ラインアップ/増税後のマンション市場「大きくは減らない」不動産協会の菰田会長/国土審議会の特別部会、土地所有の責務や役割明示へ税制や費用負担を検討/住団連、ローン減税の控除期間の延長/第3四半期地価LOOK、商業地、外客増加で需要拡大/イオンと中部電力、再生可能エネで新サービス/賃貸住宅サブリース問題、国交省が取り組み強化、金融庁などと連携、来年度には実態調査/リニアでの地域活性化、名古屋市など本気度問われる、国交省のSMR検討会/9月の住宅投資予定額、持ち家5700万円/免震不適合増加か、KYBの調査委員会 他

決算
オープンハウス18年9月期連結/大建工業19年3月期第2四半期連結/永大産業19年3月期第2四半期連結/ノーリツ18年12月期第3四半期連結/YKKグループ国内AP事業19年3月期第2四半期実績

最近の紙面

過去の紙面

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)