オープンハウス、売上の長期目標は前期比4・5倍の5千億円

オープンハウス(東京都千代田区、荒井正昭代表)のアサカワホーム(東京都立川市、細渕弘之代表)M&Aは、分譲・注文といった扱い商品、東京23区の「内」と「外」という商圏などの観点で、文字通り補完関係の好例となった。

東京23区内の戸建分譲販売を主力に4年で売上を2倍以上にしたオープンハウスに、アサカワホームが持つ高い水準の技術・品質管理力が加わったことで、グループの次なる目標はどこに置かれたのか。「今後、オープンが手当した用地にアサカワが建てる連携が考えられる。新築戸建需要は市場全体で見れば減少傾向だが、利便性の良い都心部に住みたい居住ニーズは高まりこそすれ、無くなることなどない。都心部で競争力のある物件を供給し、パイが減る中でも販売シェアを高め業容を拡大させる。売上高(2014年9月期は1121億円)の長期的目標は5千億円」と話す、若旅孝太郎オープンハウス執行役員企画部長に聞いた。

2014年11月27日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)