オープンハウス、施工力確保でアサカワホームM&A=アサカワ新社長には疋田氏内定 | 住宅産業新聞

オープンハウス、施工力確保でアサカワホームM&A=アサカワ新社長には疋田氏内定

オープンハウス(東京都千代田区、荒井正昭社長)が2015年1月に完全子会社化するアサカワホーム(東京都立川市、細渕弘之代表)の新しい代表取締役に、オープンハウス顧問に13日就任した前大雄建設(東京都千代田区、森本浩義代表)会長の疋田幹雄氏が内定した。

オープンハウスが4日発表したアサカワホーム子会社化は、建売分譲で急成長するオープンハウスが、今後の事業拡大に欠かせない施工・技術力をM&Aでアサカワホームに求めた形だ。今年に入り新築戸建てをメーンに扱う事業者の間で、消費税10%後のさらなる需要縮小への対策を具体化する動きが相次いでいる。

そうした中、東日本大震災後に顕在化した職人不足を機に、自社施工力の優劣がシェア拡大に欠かせない施工コストの圧縮や新規事業参入の取り組みを左右することがクローズアップしており、オープンハウスのアサカワホーム子会社化はこうした問題への対応といえる。

2014年11月20日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)