市場に挑む=米澤一幸LIXILジャパンカンパニー常務執行役員、顧客満足度向上で建デポ成長

LIXILが2010年度末に立ち上げたプロユーザー向け会員制総合建材店(建デポ)事業が、14年度第1四半期に初めて5千万円の黒字に転じた。

会員数は53万人(14年8月現在)を超え、9月1日には東京・国立に新店舗をオープンする。

建デポ事業を統括する米澤一幸LIXILジャパンカンパニー常務執行役員は「マイナス要因はない。これからは黒字が続く」と強気だ。今後は新規出店のペースを緩め、部資材を現場に配送するサービスなどを強化して、顧客満足度向上に取り組む。建デポ事業が軌道に乗った。

――建デポ事業黒字化の要因は

会員数の堅調な伸びが売上増を下支えしている。

会員数は今年3月に50万人を突破した後、8月までに3万人増えて53万人となった。新規会員獲得のための広告などは行っていない。店舗利用者に聞いたところ、同業者からの口コミで広まっているという。

2014年08月28日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)