ミサワ、沖縄CADセンター本格稼働、BCPの一環で

ミサワホームが、CAD関連企業のデジタルビジョン(DVI)社に業務委託した「沖縄CADセンターミサワホーム分室」(沖縄県うるま市)が本格稼働する。CAD業務拠点としては高井戸本社(東京都杉並区)と中国・大連市の施設に続き3番目。リスク回避を目的にしたBCP(事業継続計画)の一環となっている。

ミサワから業務委託を受けたDVIは、沖縄県が2009年にうるま市に設置した「沖縄IT津梁パーク」内に同分室を設置。CAD業務のための人材育成と業務研修を進めてきた。今回、同分室で採用された現地スタッフのOJTによる業務研修の一部が修了し、本格的にスタートできる体制が整った。

2013年3月28日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)