地域型住宅ブランド化事業、第2回公募を開始 | 住宅産業新聞

地域型住宅ブランド化事業、第2回公募を開始

国土交通省は16日、2012年度地域型住宅ブランド化事業の第2回グループ公募を始めた。応募要件および戸あたりの最大交付額は第1回公募と同じで、グループ募集の受付は11月12日まで。

国土交通省が採択グループを決定、応募者に採択または不採択を通知する。採択は東日本大震災の復興に役立つなど、特に重要な政策課題の実現に寄与する取り組みを優先的に扱う。採択されたグループには、適用申請書に記載された2011年の住宅供給戸数の実績や取組内容を勘案して、予算の範囲内で補助対象戸数が割り当てられる。

今回の第2回公募で今年度の公募は終了となる。第2回公募の予算枠は25億円前後と推測される。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)