S×L、劣化診断システムで特許=設計段階の対策可能に | 住宅産業新聞

S×L、劣化診断システムで特許=設計段階の対策可能に

エス・バイ・エルは、「木質系建物の劣化診断システム(Revoみえる図)」で特許を取得した。独自の高耐久化システム技術『LOOP』のうち「将来劣化の可能性のある部位の見える化」の技術。木材の含水率の状態を視覚的に示し、設計段階での対策立案を容易にする。同社では、これまでも壁体内換気システムの開発と特許取得など、建物の耐久性向上の取り組みを行っており、今回もその一環としている。

特許を取得した『Revoみえる図』は、独自の壁体内換気システムを基に、構造躯体の含水率の状態を推定し、評価を可能にしたシステムで、LOOPの4つの要素の技術のうちの一つとなっている。

過去30年間をかけて、システムの搭載による実績と調査研究を実施。木材の耐久性に、大きく影響を与える諸条件(日照・方位・部位)を解明し、データとして蓄積してきた。その上で、築後20年以上の建物調査及び実験データを解析してソフトウェア化し、プランニングの段階で日照条件などを入力すると、躯体構造上の含水率の状態が視覚的に表示できるようにしたものだ。

2012年6月28日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)