三井ホーム、初の木造耐火4階建てを発売 | 住宅産業新聞

三井ホーム、初の木造耐火4階建てを発売

三井ホームは、同社初の木造耐火4階建て住宅『MULTIS-4(マルティス・フォー)』を開発し、17日から沖縄を除く全国で発売する。柱や梁が出ないツーバイフォー工法の特性を生かし、空間の有効活用や敷地に合わせた柔軟な設計が可能。2世帯住宅のほか店舗併用や賃貸併用など、都市部の建替層向けに3つのプランを用意した。

マルティス・フォーは、オリジナルの屋根断熱パネル「ダブルシールドパネル」を採用。高い断熱性能により、スロープシーリング(勾配屋根)の吹き抜けやロフトなど、最上階でも快適な空間づくりが行える。構造は、I型の断面を持つ高剛性の床根太構造材「Iジョイスト」で、開放的で大きな空間をプランニングに生かせる。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)