近藤建設が「LC-core構法」で店舗建設、従来のCLT構法と比較して壁量削減=「木造に強いゼネコン」の地位確立を

近藤建設(埼玉県ふじみ野市、宇佐見佳之社長)は、日本CLT技術研究所が開発したオリジナルCLTパネル工法である「LC-core構法」を用いた店舗の設計・施工を埼玉県ふじみ野市内で行っているが、構造体の建て方工事が完了したことを受けて2月24日に構造見学会を開催した。

同構法は、「通常のCLT構法と比較して壁量が減らせるため、設計の自由度が増す」ということから、同社としては今後も積極的に取り組むことによって、「木造に強いゼネコンという地位を確立したい」(宇佐美社長)と考えている。

建物の完成は5月中旬を予定している。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年03月08日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)