東京建物など3社が実証実験、消費電力を5割削減、AIがオフィス空調制御

東京建物(東京都中央区、野村均社長)は19日、TOKAI(静岡県静岡市、福田安広社長)と内田洋行(東京都中央区、大久保昇社長)と共同で、AIによるオフィス空調制御の実証実験を行ったと発表した。その結果として、夏期と秋期における温度ムラの解消と、秋期における消費エネルギーの5割の削減を実現している。今回の検証結果を踏まえ、AIによる空調制御に用いるパラメータ(変数)の調整を行い、より快適なオフィス空間の提供と省エネルギーの実現を目指していく。

2021年01月28日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)