ウェルネストホームの「試住体験」が急増、高性能住宅をモデルハウスで体感 | 住宅産業新聞

ウェルネストホームの「試住体験」が急増、高性能住宅をモデルハウスで体感

二世帯住宅や賃貸併用としても使用可能な鎌倉市のモデルハウス二世帯住宅や賃貸併用としても使用可能な鎌倉市のモデルハウス

ウェルネストホーム(愛知県長久手市、芝山さゆり社長)が全国のモデルハウスで展開している「試住体験」の申込者が2月ごろから急増している。

同社では新型コロナウイルスの影響により、自宅で家族と過ごす時間に「家族と過ごす未来のこと」を考える時間が増えた結果とみている。

2017年にスタートした「試住体験」は全国12府県16ヵ所のモデルハウスで実施され、体験者は1千組を超えている。その多くは、同社が配信するYoutubeで同社の住宅性能などを学び、体感を希望する人たちだ。

創業者である早田宏徳氏がドイツの高性能住宅を研究してモデルとした高気密・高断熱住宅であり、加湿器や床暖房などの機器を使用せずに温度と湿度をほぼ一定に保つ省エネ住宅というのが特徴。モデルハウスは各棟で実験・実証データを分析することで、1棟ごとに設備を更新。常にモデルハウスの性能向上を追求している。

2020年05月21日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)