すてきナイスグループが有価証券報告を訂正し、関東財務局に提出

すてきナイスグループ(横浜市鶴見区、杉田理之社長)は1日、提出期限を延長していた2019年3月期の有価証券報告書について訂正したものを関東財務局に提出した。それによると、売上高2429億2600万円、営業利益14億800万円、経常利益7億6200万円、親会社株主に帰属する当期純利益3億5800万円だった。同社では15年3月期の有価証券報告書における不動産物件の取引に関する架空売上計上の疑いにより証券取引等監視委員会および横浜地方検察庁による調査を受けたことから、第三者委員会によってまとめられた調査報告書を7月24日に受領していた。

2019年08月08日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)