ミサワホーム50周年記念セミナー、宇宙、蒸暑地、IoTなど新たな取り組みも | 住宅産業新聞

ミサワホーム50周年記念セミナー、宇宙、蒸暑地、IoTなど新たな取り組みも

ミサワホームは12日、創立50周年を記念した報道関係者向けセミナーを開催した。〝世界初、日本初、業界初でナンバーワンを目指す〟同社のDNAを形成した過去50年の歴史を中村孝執行役員による振り返りとともに、現在と未来に向けての取り組みを竹中宣雄会長、磯貝匡志社長、各事業の責任者などが講演した。竹中会長は、社長就任当時の「(事業)ポートフォリオの多様化を目指す」ことを命題に、復配や優先株の解消などに注力。今年6月まで9年間務めた社長時代を振り返った。また、磯貝社長は南極に続く宇宙開発や少子高齢化、IoT(モノのインターネット化)など新たな取り組みについて語り、「南極での取り組み」、「(沖縄県などの)蒸暑地への研究」、「IoTの取り組み」の担当責任者がそれぞれ未来の取り組みについて説明した。

2017年12月21日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)