積水化学工業、次期中計で戸建シェアNo.1目指す | 住宅産業新聞

積水化学工業、次期中計で戸建シェアNo.1目指す

積水化学工業の関口俊一取締役専務執行役員住宅カンパニープレジデントは10日、2016年度下半期の営業利益208億円と過去最高益を更新し「中期の最終年を増益基調に戻して、次期中期に備えたいなと思っている」との決意を表明した。また、住宅市場の状況は、「新築を中心とした受注がやや回復してきた」と分析。「我々は戸建専業メーカーでスマートハウスNo.1。〝ユニット原点回帰〟ということで工場をリニューアルし、それによってコストパフォーマンスのある商品を作っていきたい。これらを両輪として戸建住宅シェアNo.1への道を17年度以降の3年間で作っていきたい」とし、次期中期経営計画での目標を掲げた。

2016年11月24日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)